自転車

自転車に乗って

日常の移動手段として自転車は非常に有力な手段の一つである。

雨の際に運転しにくい、大きな荷物を積むことができない等の問題点はあるものの、車や二輪自動車の場合と比較して駐車スペースに自由度が大きいこと、狭い道や路地等も走破できること等から日常生活でも切っても切れない存在となっている。

子供の頃は歩いて行ける範囲が世界の全てであった。この世界の広さを一気に広げたのが自転車であったのではないだろうか。

自動車の様にガソリンが無くなって運転できなくなる心配もないし、人が普通に歩くことができるところのほとんどは自転車で行くことができる。

パンクや機械的故障も現在では自転車の信頼性が高くなっているため、メンテナンスや運転に気をつけておけばほとんど問題になることもない。

正に自転車は子供の心に翼を与えるものであっただろう。

通勤通学に自転車が用いられることはもちろん、休日のサイクリング等もレクリエーションとして人気が高い。

また用途に応じて種々の自転車が購入できるようになったことも魅力の一つである。日常の足代わりにするタイプのものから、山道を走破できる高性能の自転車まで一人で複数台の自転車を乗りこなすのも少なくない。

自転車に関連する最新の参考情報

自転車の装備の注意点

自転車の装備は自由ではなく、公道を走る自転車には一定の整備が義務付けられている。

法令上、自転車に装備が義務付けられているのは、ブレーキ、警音器、ライト、反射器、尾灯(反射器でもよい)等である。これらは少なくとも自転車に取り付け整備しておく必要がある。

お奨めリンク集


参考情報のリンク